--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/31 05:23
20121231.jpg

書き換わった部分を修正して、
ついでに追加したモーフの分もCrosstalk化してみました。

21121231_2.jpg

若干破れが見えますが、
調整用のモーフで修正可能です。

このCrosstalkのやっかいなところは、
親フィギュアに連携させた場合コスチューム側の個別パーツのパラメータ変更ができなくなるという点です。
したがってフィッティングにより精度をもとめるには調整用のモーフを別に設ける必要が出てきます。

ただし、Poserの場合はDIMENSION3D氏が親フィギュアのFBMパラメーターを、
着用しているコスチュームに一括でコピーしてくれるパイソンスクリプトを配布しているのでそちらで代用できるという抜け道があります。

DAZ STUDIOにはいまのところそういったツールは無いようなので、
やはりCrosstalkに頼らざるを得ないという状況のようです (´ω`)

スポンサーサイト
2012/12/30 03:45
20121230.jpg

CR2ファイルをいじっていたらなんとなく原因が解ってきました。

このコスチュームにはフィギュアに着用したときに自動的にFBMが追従する、
CrossTalkingという技術が用いられているのですが、
自前でモーフを追加したときにその連携部分の記述が書き換わってしまったのが原因でした。

この技術はV3が登場したあたりから使われるようになったと記憶していますが、
V4時代になってからDAZが積極的に自社製コスチュームに取り入れているようです。

私も一時的にはまって自作のコスチュームに仕込んだりしたこともあったのですが、
結局ライブラリに保存する時に全部記述が書き換わってしまうので最近はほとんど使わなくなっています。

この技術はとても便利なのですが、
Poser上でモーフを追加してライブラリに保存する場合はこの問題は避けて通れないので、
導入には後でちまちまテキストベースで修正する覚悟が必要になってしまいます (´ω`)
2012/12/28 02:41
211228.jpg
AlfaseeD氏のArkham Angelです。

CMKでいろいろモーフを追加したのですがなぜかフィットしません(^^;)
2012/12/24 02:50
RundimeDNAの歳末セールがスタートしています。
そしてこのセールとは別にAlfaseeD氏のアイテムもセールスタート。
滅多に値引きされないので買い控えていた人はチャンスかも^^

20121224014847.jpg

あいかわらず驚異的な作り込みのコスチュームは、
制御用のハンドルやモーフが満載なので正直どう扱って良いのか戸惑いますが、
コツをつかめば素晴らしいイメージをシーンに与えてくれます。

基本、スリム系のV4モーフしか入っていないので、
Readmeにも「足りないモーフはCMKあたりで追加してね」と書かれていますが、
Crosstalk的にFBMでフィットさせるのではなくて、
合わない部分はHelpMorphで調整してみてくれい! というところが独特です (´ω`)
2012/12/23 12:19
ラブログがアダルトカテゴリの廃止に伴い自動検閲を強化したため、
裸っぽい画像が問答無用でアップできなくなってしまいました。

どういうシステムなのかはわかりませんが、
フィギュアだろうが実物だろうが裸体と判断されればはおかまいなしっぽいので、
Poser系の記事を書く上では画像の肌色面積が多くなることを鑑みてラブログでの更新を諦めました。

ラブログでNGだった画像を載せておきます。

20121222195143a.jpg
20121222223631b.jpg


ちなみに廃止以前にアップされた画像はそのままだそうです。

というわけで今後は装いも新たに「たをるじ日記SB」として続けていこうと思います (´ω`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。